2008年04月20日

設計開発へ組み込まれたCAEへ(16) -日本のものづくり-

さて、今回は少し前までの日本のメーカーの場合を考えてみると、ものづくりは会社のトップから製造現場まで一体となってすすめるのが特徴ではないかと思う。

製造現場ではいわゆるカイゼン活動を行い、多少自分の仕事からはなれたことであっても、改善提案をする、ある意味オペレーターも開発のアイデアを出してきたのである。

また現場のオペレーターの報酬も、設計開発担当者と比べ遜色ない額になっていて、米国企業よりは高く設定されていたのである。

設計開発現場でも、ワイガヤとよばれる言葉に代表されるように関係者がチーム一丸となって、アイデアを出し合い、改善に改善を重ねてものを作り込んでいくというやり方で、高品質なものを開発してきたのではないかと思う。

製造現場、設計開発現場ともにコミニュケーションが密であり、そのコミニュケーションのなかからアイデアを見つけて、製品として実現していくのが日本の特徴、つまり会社のもとみんなの共同作業で仕事を進めていき、いわいる個の存在が欧米より薄いようにみえる。

これにより、高品質なものを高い歩留まりで生産する能力が世界トップとなり、メイドインジャパンはブランドになった。

ところが、これらの手法は大量生産大量消費の時代に通用したが、現在は大量生産しても元が取れるほど売れない時代になってきたため、通用しなくなってしまったといわれている。

また、技術の専門化、高度化が進み、他の人の専門分野にアイデアを出すのが難しくなってきたとか、個を重んじる時代になって、会社への依存が下がったため、共同作業がやりにくくなった、などいわれている。

これらは確かにそうだと思うが、だからといって、欧米のやり方をそのまま輸入して実践すればよいのであろうか。

私はそれではうまくいかないと思うし、現実そのまま輸入した企業はうまくいっていないと思う。

それよりは、今まで行ってきたやり方をベースにして、現在の世の中の状況に合うようにカイゼンするのが得策ではないかと考える。

実際に日本の自動車産業は世界の中で現在も勝ち組であるといえるが、自動車メーカーは欧米方式のシステムなどをそのまま取り入れたとは聞いたことがない。

もちろん、日本の自動車メーカーは3D-CAD設計をいち早く取り入れ、CAEについても日本をリードする存在である。

しかし、それらの導入はカイゼン活動の一環として行われ、自分たちの仕事の効率化につながるように、社内で大きくカスタマイズしているはずである。


タグ:CAE
posted by tsunodako at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。