2008年07月26日

金融立国論とものづくり?

ものづくりは衰退していく日本はイギリスのような金融立国を目指すべき、という意見がある。

しかし、もし、日本が金融立国になるのであれば、日本の金融資産や株式市場の大きさから考えてもうとっくになっていておかしくないはずである。

なぜなっていないのか、ということを考えると、

−環境が整っていない

−人材が少ない

−政策がいまひとつ

−国民が乗り気ではない

など理由はいろいろいわれている。

確かに金融資産の額ということで考えれば、日本は少なくないらしいが、その割りに世界経済へ与えるインパクトは大きいとはいえない。

今後はどうなっていくかわからないが、現状の日本の金融の能力は世界へ与える影響度を考えるとまだまだのようである

ただ、最近有名大学を出た新卒者には外資系金融会社が人気という話も聞くので、そういう人たちが独立したり、日本の金融関係の会社に転職したりして戻ってくれば、状況もかわるかもしれない。

金融や投資の話をしだすと私も素人ながらまだまだ言いたいことはあるのだが、CAEからどんどん離れていってしまうので、ここらでものづくりへの昨今の金融の状況の影響について考えてみたい。

最近は投資ファンドがひとつの会社の株を高い割合で買い、株主として会社に会社の価値を上げると称して、効率的な経営を迫る、というのがグローバルスタンダードになっている。

確かに、日本のメーカーの中にはいろいろな意味でもう少し効率的な経営をした方がよいのではないの、と思う部分もある。

ただ、現実、リターンを得る目的だけのために、株を買い占める投資ファンドがあることも事実である。

そのようなファンドに買収された後、株価が上がり、会社の価値が上れば、社会への貢献度があがったいう意見もある。

また、あまりにも非効率な経営をしていた日本のメーカーが投資ファンドに買われて、たて直ったという例も聞いたことがある。

しかし、特にものづくりの現場では投資ファンドに買収されて、いわゆる経営屋が会社を指揮するようになると、ファンドや経営屋の考え方によっては、見えない資産が失われることになるのではないか、と思うのである。


にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術評論・デジタル評論へ
↑応援よろしく!
posted by tsunodako at 21:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。