2008年03月30日

設計開発へ組み込まれたCAEへ(13)


バブル崩壊後、企業は仕事の効率の向上を目指すため、様々なものを導入した。

その結果としいくつか考えられるが、

ーITの導入
ー働き方の変化(成果主義、派遣など)

は、ものづくりの現場に大きな影響を与えたと思う。


まずはITの導入について考えてみると、CAEをはじめ、CAD,CAM,とかPDM,PLMなどの考え方やソフトウエアが導入された。

シミュレーションを仕事にしている技術者にとっては、CAEがメジャーになってきたことは、非常にうれしいことではある。

しかし、以前にも述べたような気がするが、これらは欧米企業が開発したソフトが日本国内でも大きなシェアを占めている。

PLM、PDMなどは日本の大手ベンダーが販売している(どこで開発しているかはわからないが)、ものも多いが、3DーCADになるとメジャーどころはCATIA,NX,PRO-Eなど欧米系になってしまう。

さらに、CAEになるといわいる大手メーカーで設計開発のメインで使用されているのは、NASTRAN,ABAQUS,ANSYSなどほとんど欧米系である。

さて、欧米で作られるソフトは、基本的に欧米のものづくりに最もフィットする形になっているのではないかと思う。

次回そのようなシステムが日本のものづくりにうまくあわせることができるのかどうかを考えていきたい。

posted by tsunodako at 15:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91595940

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。