2008年05月29日

ものづくりはひとづくり? その3 知的集約型?

少し前までアメリカのものづくりについて考えてみたが、

その仕組みは、いわゆる格差社会に基づいているといえる。

つまり、一流メーカー勤務でも、

マネージメント層と一般エンジニアでは、給与格差葉非常に大きいし、

エンジニアとオペレーターを比較しても、またその差は大きい。

その点、日本はオペレーターであってもエンジニアであっても、マネージメント層であっても、

入社年数や年齢が同じくらいであればそんなに(少なくてもアメリカほどは)給与格差がない。

そのかわり、オペレーターであってもマニュアル通り誰でもできる仕事を行うのではなく、

技術技能の向上を常に求められたり、カイゼンを通して開発に貢献したりしなくてはならない。

そうした現場の力が強いのが日本のものづくりの特徴だと思う。


しかし、大量生産大量消費の時代はそれで通用したが、今後それでは通用しなくなるといっている評論家が多い。

彼らが言うには、今後ものづくりは中国や東南アジアに流れて、日本のものづくりは空洞化する。

よって、金融を強くしたり、ものづくりは知的集約型とか称して新技術のコアの部分の研究開発を中心に行っていく産業構造に転換していく必要がある、

と言っているように私には聞こえる。

しかし本当にそうであろうか?

にほんブログ村 IT技術ブログ IT技術評論・デジタル評論へ
タグ:CAE
posted by tsunodako at 00:46| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ハハハ、CAEは使えない=凄いタイトル。^^)でも事実ですね。
優秀設計者は、ちゃんと使える云々より、
間違った時の怖さを考えますね。

よくわかんない設定一杯あって、適当に進めて駄目解析、なんて定番です。

それから、人間は8割くらいしかできんですし。
電話番号なんかもたまに間違えますし。
Posted by jjishii at 2008年07月06日 22:09
コメントありがとうございます!

更新はしていませんがチェックはしています。。。

私も電話番号は、よく間違います。。。。

実は使えないのはCAEではなく、自分自身のようです。。。。。

それはともかく、CAEは使えない、実験・計測だって結構怪しい、論文に出ている理論だって後で間違いでした、なんてこともある中で、しっかりとしたものづくりをしているエンジニアの方々は本当に尊敬できると思う今日この頃です。


Posted by tsunodako at 2008年07月07日 21:32
>>実は使えないのはCAEではなく、自分自身のようです。。。。。

ちゃんと出来るなら皆東大合格言いますか
大体いい加減なもので、そんな人でも使えるCAEが設計CAE。可能かはケースによります。
きちっとやればきちっとできる思ってる人が多いのではないでしょうか?
間違えず最後まで到達できる思うのは
妄想です。


日常使用するソフトは、ミスに対し救済策が手厚く仕込であります。そこがCAEソフトは大変プアです。

実験はCAEと違い、そんなにバラ付かないです。そうなるべく色々会社はやってますので・・・。でないと製品が。 
実測難しい分野も沢山ありますが。



また続けて書いて下さいね。正直設計CAEは滅茶苦茶に問題ありますんで。


>>しっかりとしたものづくり
これが大変怪しいでございますです。
Posted by jjishii at 2008年07月08日 14:25
またまたコメントありがとうございます。
ホームページ見させていただきましたが、素敵な仕事をされてますね。

>>妄想です。
その通りだと思います。
CAEは「予言ツール」だと思っている人の多いこと。
でも、あまり強くそれを否定してしまうと、「使えない」といわれて、仕事が減ってしまうのも事実。。。難しいです。

>>>>しっかりとしたものづくり
>>これが大変怪しいでございますです
「結果オーライのものづくり」に訂正します(笑)

また気が向いたら再開します。。。

Posted by tsunodako at 2008年07月08日 23:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/98356078

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。